【スカーゲンスマートウォッチ】目的別に徹底比較!ピッタリが見つかる!

crop anonymous woman in smart watch surfing internet on smartphone
Photo by Ketut Subiyanto on Pexels.com

この記事でわかること

スカーゲンスマートウォッチについて

*種類一覧

*カラーバリエーション一覧

*機能面の比較

*目的別比較

などをまとめています。

スマートウォッチと言っても種類によってできることが異なりますよね。

人によって求めている機能も違うかと思います。

今回は、

スカーゲンのスマートウォッチ機能を

目的別に比較し

求めているぴったりが見つかるよう

徹底検証していきました。

お買い物の参考になれば幸いです。

スカーゲンのスマートウォッチ一覧

まずはざっくりとその種類を確認していきます。

スカーゲンのスマートウォッチは

バンドの種類やカラーを選択することができますが

メインとなる本体はこちら4種類。

  • FALSTER2
  • FALSTER3
  • ジェネレーション6
  • ハイブリッドHR

(2022年3月17日時点)

それぞれの本体がこちらですね。

ハイブリッドHRのみ38mmと42mmが選択可能。

商品名価格(税込)

FALSTER2
27,000円

FALSTER3
15,400円

FALSTER
ジェネレーション6
 38,500円

JORN 38㎜
ハイブリッドHR
29,700円

JORN 42㎜
ハイブリッドHR
29,700円

スカーゲンのスマートウォッチはスタイリッシュでシンプルなデザイン。ビジネス用でも使えそうなのがいいですね。

スポンサーリンク

スカーゲンスマートウォッチ搭載OS/対応スマホ

まず最初にスカーゲンのスマートウォッチは

共通して全てWear OS by Googleを搭載
iPhone/Androidに対応

となっています。

ほとんどの方がiosかAndroidを使っているかと思うので

こちらは大丈夫ではないでしょうか。

スカーゲンスマートウォッチカラーバリエーション

スカーゲンに限らず、

スマートウォッチはバンドを交換して

自分に合ったデザインにカスタムできる

というのも大きな魅力の一つであると思います。

スカーゲンも同様に付け替えが可能となっていますが

それぞれのカラーバリエーションや

バンドの材質を見てみましょう。

  • FALSTER2=1色?
  • FALSTER3=8色
  • ジェネレーション6=6色
  • ハイブリッドHR38mm=2色
  • ハイブリッドHR42mm=3色

FALSTER2に関しては、

公式で現状販売されていないため

カラーバリエーションの確認ができません。

詳細はこちら↓

FALSTER3

ジェネレーション6

ハイブリッドHR38mm

ハイブリッドHR42mm

といったラインナップですね。

特にバリエーションが多いのは、FALSTER3ですね。ついでジェネレーション6が多いので、個性を出したい方はどちらかが良さそうです。

正規品とは別で、

他のバンドへの付け替えも可能なようなので、

この中に好みのものがないという場合には

別のバンドと組み合わせるのもお勧め。

となると重要なのは本体自体の性能ですね。

スポンサーリンク

スカーゲンスマートウォッチ/性能の比較

先ほども紹介したように

『Wear OS by Google』ということで

Android&iPhoneに対応していますので

それ以外の部分で比較をしていきましょう。

まずはプロセッサから。

*GEN6=ジェネレーション6
*HR=ハイブリッドHR

プロセッサ
FALSTER3Qualcomm®Snapdragon™
Wear 3100
GEN6Qualcomm®Snapdragon™
Wear 4100+
HR

プロセッサに関しては、

GEN6が最新機種となっています。

この違いについては、

この次の見出しでご紹介していきます。

続いては各種機能などを比較していきましょう↓

*GEN6=ジェネレーション6
*HR=ハイブリッドHR

FALSTER3GEN6HR
プロセッサ
ストレージ8GB8GB16 MB
通話×
通知
電子決済Google
Pay
Google
Pay
×
アプリ×
バッテリー24時間*24時間*2週間
高速充電××
ソーシャル
ウォッチ
フェイス
音楽再生
一時停止
防水機能3気圧5気圧3気圧
GPS
アクティビティ
トラッキング
歩数×
心拍数
血中酸素濃度××
睡眠
有酸素運動
レベル
×

となっています。

一番機能が充実しているのが
最新バージョンのジェネレーション6

急速充電ができるということで、

30分で80%の充電が可能となっています。

FALSTER3/GEN6に関して、バッテリー持ちが公式では24時間となっているものの、レビューでは2日間(48時間)もったというコメントもあるので、使用状況により変動があるようです。

スポンサーリンク

スカーゲンスマートウォッチ/目的別比較

上記の性能から目的別に考えてみましょう。

FALSTER3GEN6HR
日常
スポーツ
ビジネス
フォーマル
音楽
おサイフ×

といったところでしょうか?

ハイブリッドHRに関しては、

アナログウォッチとスマートウォッチのハイブリッド

ということもあり、

どんな場面やスタイルにでも合わせやすいデザインなので

ビジネスシーンやフォーマルな場でも活躍しそうです。

FALSTER3とGEN6に関しては、

デザインがカジュアルなので、

場合によってはビジネスシーンでの利用が

少し抵抗があるという方もいるかと思います。

また、スカーゲンのスマートウォッチの

電子決済サービスは

Google payのみ

となっています。

使えるのはFALSTER3とジェネレーション6ですね。

この機能を求めるのであれば、

FALSTER3かジェネレーション6を選択しましょう。

では、

FALSTER3とジェネレーション6で何が決定的に違うのか?

ここが悩みポイントですね。

最新機種であるジェネレーション6の魅力は

GEN6/ジェネレーション6の特徴

*今までにない急速充電システム

*スポーツ関連の機能の充実

*防水機能のグレードアップ

*FALSTER3と比べ
ーアプリ読み込み&プロセッサ速度UP
ー消費電力が抑えられている
ーパフォーマンス30%向上

*血中酸素濃度の測定

これが、

GEN6とFALSTER3の決定的な差ですね。

急速充電に関しては、

先ほどもご紹介したのですが

30分で80%の充電が可能となっています。

これはかなり嬉しい機能です。

さらに、

これまでのスカーゲンのスマートウォッチは

防水が3気圧となっていましたが、

GEN6からは5気圧。

簡単にいうと

3気圧=生活防水
5気圧=水仕事にも耐えれるレベル

という感じです。

さらに詳しく説明しますと↓

3気圧

*静止状態にある場合に
水深30mまでの水圧に耐えることができる

*プールなどへの入水不可

*食器洗い等も向いていない

*手を洗う程度であれば問題ない

5気圧

*静止状態にある場合に
水深50mまでの水圧に耐えることができる

*食器洗いやお風呂掃除なども可能

*水に関係の深い仕事(漁業等)でも使用可

*水泳/ヨット/ボートなどのスポーツも使用可

*高い水圧のシャワーなどには注意が必要

となっています。

しかし、

この防水機能も時とともに劣化しますので要注意。

洗剤やプール、海での使用で汚れた場合は
しっかりと真水で洗い流すようにしましょう。

また、

プロセッサが進化したことにより

処理速度が上がっていますので

各種アプリなどを使用したいという方にも

やはりジェネレーション6の方がおすすめです。

スポーツでの使用はもちろんですが、処理速度などを重視するのであればジェネレーション6一択ですね。

スポンサーリンク

スカーゲンスマートウォッチのまとめ

今回はスカーゲンのスマートウォッチについて

まとめていきました。

種類自体はそこまで多くはないですが、

バンドのカラーバリエーションなどが豊富なので

自分に合ったスタイルを見つけられそうです。

また、

使用するシーンに合わせて

ハイブリッドHRなのかGEN6orFALSTER3

機能面で見て

FALSTER3かGEN6か

という選択にしていくと選びやすいかと思います。

素敵な時計との出会いがありますように。

スポンサーリンク